【寒露の候】夕暮れとススキ・府中郷土の森ほか・二十四節季

寒露は秋の5番目の節気です。「地面の露に寒さを感じる時期」を意味しますが、古代中国で作られた暦なので、現在の日本の気候とはややずれがあります。それでもやはり「秋」、日中は暑さが残っていますが、朝夕は少しひんやりとしてきました。